負ける人は「大儲けするコツ」を探し、勝つ人は「大損しないコツ」を探す

負ける人は「大儲けするコツ」を探し、勝つ人は「大損しないコツ」を探す

だいぶ

株で勝つには、大損しないコツを完全にマスターする必要があります。

というと、

「まあ、そりゃそうだろうけど。」

と思う人が大半でしょう。
しかし、なぜそうなのかを理解できている人はほとんどいないのではないでしょうか。

なんとなく、大損を避けることが大切だと思いながら、

「そうは言っても大儲けできるエントリータイミングとかわかるようにならないと大きくは勝てないじゃないか、リスクをとらないとリターンはないんじゃないか?」

とか思っているのです。

断言します。

この思考をしているうちはカモられます。
こういう人を減らすために私はfacebookを始めようと決意したのです。

「大損を避けることが大切だ」ということを心の底から理解していない人は次の2つの勘違いをしています。

(勘違いその1)
 大損する確率と大儲けする確率は同じくらいだと考えいる

こう考えているから、リターンのためにリスクをとろう!と思うわけです。

しかし、質問したい。

「本当に確かめましたか?」

急騰を取れる確率が、暴落する確率より低いと言ったら焦りますか。

そうです、大儲けするコツを探しながら大損を食らうのは、借金をしてビジネスを一発当てようとして当たり前のように失敗するようなものです。

だから、そもそも確率的に9割負けるのです。

でも、上がるも下がるも究極的には50%じゃないんですか?

と思いますよね、それが次のワナです。

続きはまた明日。

(まとめ)
大儲けできる確率と大損する確率は同じではない。
大儲けを狙う限り、確率的に9割負ける。